髭脱毛器8種を徹底比較!製造メーカーに直接聞いた注意点と効果なしの5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

髭脱毛は、サロンやクリニックに行った方が効果的なことは知っているけど、そんなお金もない…

だから、自分でできる家庭用の脱毛器を使ってみたい!そんな人は多いのではないでしょうか。

でも、いざ買おうと思っても、選び方、種類、効果など…わからないことだらけですよね。

そんな悩める男性の為に、髭脱毛器について徹底的にリサーチしました!

種類によって効果や特徴の違う髭脱毛器。 自分に合ったものを正しく使うことで、沢山の人が満足のいく効果を得ています!

ここでは、

  • 髭脱毛器の選び方
  • おすすめの髭脱毛器
  • 髭脱毛器のメリット・デメリット
  • 髭脱毛器体験者の口コミ
  • ソイエで髭脱毛してはいけない理由
  • メーカーに聞いた!髭脱毛器の注意点

などをわかりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.メンズ髭脱毛器8種比較表

脱毛器には多くの種類があるので、どれが最も自分に合っているのか見極めるのはなかなか難しいところ。

そこで、大手通販サイトでも人気のある8種類の脱毛器を、脱毛方式・価格・照射範囲・照射レベル・持った時の重さなどで比較しました。

方式
値段
照射範囲
照射レベル
重さ

ケノン
光脱毛 69,800円

(公式サイト価格)

9.25c㎡

(大きいサイズ)

10段階調整 約1.6kg

(W215xD290xH90mm)


エピレタ
光脱毛 14,800円 3.0×0.9cm 5段階 約220g

(W130xD80xH50mm)


トリア・パーソナルレーザー4X
レーザー脱毛 54,800円 不明 5段階 約584g

ローワン
光脱毛 54,800円 3cm×2cm 8段階調整 約1.78㎏

(W275×D212×H89mm)

2PS(ツーピーエス)
光脱毛 49,800円 3.1×2.1cm 5段階 約1.1㎏

(W196×D138×H178mm)


メンズレイボーテEX(web限定品)
光脱毛 37,000円 2×1cm 5段階 約250g

(W73 x D58 x H152mm)


LAVIE(ラヴィ)
光脱毛 39,800円 7.4c㎡ 7段階 2.1㎏(W224✕H98✕D254mm)

スムーズスキン For men
光脱毛 62,640円 3c㎡ 10段階 約370g

一見するとあまり変化のわからない脱毛器ですが、こうして表にしてみるとそれぞれ全く違った特徴を持っていることがわかります。

2.意外と見落としがちかも?髭脱毛器を選ぶ10のポイント

髭脱毛器を初めて使用する人や、どれを選べばよいのかわからないという人は、以下のポイントに注目して選ぶのがおすすめです。

  1. 値段
  2. 脱毛方式
  3. 照射範囲
  4. 照射レベル
  5. 連続照射
  6. 照射限度
  7. 脱毛可能部位
  8. 保証
  9. 重さ
  10. 使用者の口コミ

それぞれのポイントのチェック方法や、なぜ注目する必要があるのかについて詳しく見てみましょう。

2-1.値段|カートリッジなどの消耗品の値段もチェック

髭脱毛器には、カートリッジを交換できるものとできないものとがあります。

髭脱毛器本体以外にも、カートリッジやオプションなどの消耗品が必要となる場合は、その値段も確認しておきましょう。

カートリッジ交換できる方がお得

カートリッジは消耗品なので、定期的に交換しなければなりません。

しかし、カートリッジ交換できないものは、本体ごと再購入する必要があるため高額に…。

継続して脱毛器を使用する人には、カートリッジ交換できるものがおすすめです。

2-2.脱毛方式|3タイプの特徴を理解する

脱毛方式には、フラッシュ式・レーザー式・サーミコン式の3種類があります。

それぞれ違った特徴を持っているので、「痛み」「効果」などをまとめた以下の表を参考に、脱毛したい部位や欲しい効果に合わせて適切なものを選びましょう。

メカニズム
痛み
肌へのダメージ
効果
照射範囲
レーザー
レーザーが黒い
メラニン色素に反応し毛根を破壊
あり 少ない 少ない回数で毛が細くなり、
生えにくくなる
狭い
フラッシュ(光)
複数の波長を持つ光が黒い
メラニン色素に反応し毛根を破壊
ほとんどない 少ない 複数回使用することで毛量が減り、
生えにくくなる
広い
サーミコン
熱線(サーミコン)で
ムダ毛を焼き切る
ほとんどない 少ない 除毛 狭い

髭だけ脱毛するなら、最も脱毛効果の高いレーザー式がおすすめです。

髭だけでなく腕や足の脱毛もしたい人は、照射範囲の広いフラッシュ(光)式の方が使いやすいでしょう。

脱毛したい人にはフラッシュ式かレーザー式がおすすめ

髭の処理回数を減らしたい人には、フラッシュ式かレーザー式の脱毛器がおすすめです。

サーミコン式の脱毛器は安価ですが、効果はカミソリと同じように肌表面に見えている毛の除毛にとどまります。

毛根へダメージを与えて髭を生えにくくしたい人は、フラッシュ式かレーザー式の脱毛器を選びましょう。

2-3.照射範囲|カートリッジが切り替えられるものが一番便利

照射範囲は、脱毛器によって異なります。

照射範囲の狭いものの方が細かい部分まで処理できますが、広範囲の処理には時間がかかるため向いていません。

髭だけ脱毛したい人は照射範囲の狭いものを、腕や足の毛も処理したい人は照射範囲の広いものを選びましょう。

カートリッジによっても変化

カートリッジを複数種類用意している脱毛器の場合は、カートリッジそれぞれの照射範囲も確認しておきましょう。

複数のカートリッジを持つ脱毛器なら、1台で狭い範囲から広い範囲まで幅広く脱毛できます。

2-4.照射レベル|レベルが高ければ効果も高い

照射レベルとは、レーザーやフラッシュの強さのことを指します。

照射レベルが高いほど効果も高いですが、その分肌への負担も大きくなるので、敏感肌の人や初めて照射する人は照射レベルの低いものがおすすめです。

照射レベルの段階を細かく調節できる脱毛器なら、火傷の心配もありません。

独自のモードを設けているものも…

通常モード以外に、敏感肌モードや少\照射レベルの強いモードなど、独自のモードを設けている脱毛器もあります。

敏感肌の人や剛毛の人は、そういった独自のモードのある脱毛器がおすすめです。

2-5.連続照射|肌が弱い人は連続照射が良い

連続照射とは、1回分の照射を数回に分けて照射するモードです。

照射回数が多くなる分肌への負担を分散できるので、肌のデリケートな人におすすめです。

照射間隔の短いものならスピーディー

連続照射は1回の照射を数回に分ける方法なので、時間がかかってしまいます。

できるだけスピーディーに処理を終わらせるために、照射間隔の短いものを選びましょう。

2-6.照射限度|長く使えるのはカートリッジ式

脱毛器本体の寿命は商品によって異なるので、購入前にチェックしておきましょう。

長く使いたい人は、本体とカートリッジが一体となっているものよりも、カートリッジを交換できるものの方がおすすめです。

カートリッジの寿命

カートリッジの寿命は照射レベルや商品ごとに異なり、50発だけ利用できるものから100万発利用できるものまであります。

とくに、フラッシュ脱毛の場合は複数回照射する必要があるので、カートリッジの寿命によく注目しておきましょう。

2-7.脱毛可能部位|髭への脱毛できない脱毛器もある

脱毛器の中には、鼻から上への使用ができないものや、顔自体に使用できないものもあります。

髭脱毛をする場合は、顔への照射が可能かあらかじめ確認しておきましょう。

さまざまな機能を持つカートリッジ

脱毛器によっては、カートリッジに美顔器などの機能を持たせていることもあります。

どんな機能を持つカートリッジが用意されているのかチェックしておきましょう。

2-8.保証|中古品は保証が効かない

フリマアプリやオークションなどで安く出品されていることもありますが、そうした商品は保証の対象外となってしまうので、新品の方がおすすめです。

故障した場合に備えて、メーカーの保証期間や保証条件をチェックしておきましょう。

1年保証が基本

メーカー保証として、1年間の保証が付いているものがほとんどです。

しかし、フラッシュ式など照射力の弱い脱毛器を使用する場合は、脱毛完了までに1年以上かかります。

万が一の場合に備えて、保証期間の長いものや延長できるものを選ぶのがおすすめです。

2-9.重さ|重たいものは意外と疲れる

脱毛器は手に持って使用するので、軽いものの方が使い勝手がよく手も疲れません。

購入前に、脱毛器の重さも考慮しておきましょう。

意外とリモコンくらいの重さでも腕が疲れてくるものです。

収納のしやすさも大切

脱毛器には、照射レベルなどを操作する本体の他にカートリッジやコードなどさまざまな付属品があるため、片付けないままでいると付属品などを紛失してしまう恐れがあります。

収納しやすい脱毛器なら紛失のリスクもなく、見た目にも綺麗なのでインテリアの一部としても溶け込みやすいでしょう。

2-10.使用者の口コミ|良い口コミばかり信じないこと

選ぶ際には、TwitterやYahoo!知恵袋などでさまざまな口コミを見ておくのがおすすめです。

公式サイトにも口コミが書かれている場合がりますが、メリットに焦点を当てたものが多く、デメリットが見えにくくなっています。

メリットとデメリットの両方を吟味し、自分に合ったものを探し出しましょう。

信用できる口コミを探す

個人ブログなどに紹介されている口コミは、創作の可能性もあるためあまり信用できません。

出典が明確なものや、実際に使用したことのわかる口コミなどを参考にしましょう。

3.【フラッシュ式】おすすめ髭脱毛器5選

フラッシュ式の脱毛器は照射力は弱いですが、広範囲に使用できるのが大きなメリット。

髭の他にも、腕や足など広範囲の毛を脱毛したい人におすすめです。

3-1.男性人気NO.1「ケノン」

\ 最大100万回も照射できる! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

1つのカートリッジで、約30~100万回も照射できるカートリッジ式の脱毛器です。

大手通販サイトでも大人気の商品であり、女性だけでなく男性からの口コミも数多く寄せられている商品でもあるので、実績は十分。

カートリッジを付け替えれば広範囲への照射も簡単にできるので、腕や足の脱毛を考えている人にもおすすめです。

おすすめポイント

  • 照射範囲が広く、照射スピードが早い
  • 自動照射機能を搭載している
  • 日本製
  • 電子音が消せるので夜間でも使いやすい
  • 送料・代引き手数料無料
  • 本体と同時購入でカートリッジ割引
  • 脱毛無料相談ダイヤルがある

照射範囲や使用部位もカートリッジの付け替えで自由自在にコントロール。

6連射機能を使えば1回の照射は0.1秒ととても速いので、肌への負担を軽減して素早く脱毛できます。

脱毛無料相談ダイヤルがあるので、初めて脱毛器を使用するという人も安心。

商品は、ISO認定された安全性の高い国内工場で製造されているという点もポイントです。

本体とカートリッジを同時に購入すると割引されるので、使用したいカートリッジがある人は初めに同時購入しておくのがおすすめです。

基本情報

【価格】69,800円
【方式】光脱毛
【照射範囲】~9.25c㎡
【照射レベル】10段階調整
【重さ】約1.6kg(約W215xD290xH90mm)
【特典・保証】1年

  • 2,500円で自然保証3年に延長できる(本体と同時購入限定)
  • 4,500円で自然保証+事故保証3年に延長できる(本体と同時購入限定)

【メーカー】アローエイト
【支払い方法】
現金 ・クレジットカード・代引き・ショッピングローン(現金分割)※審査あり

編集部

カートリッジの価格は、

  • エクストララージ:9,800円(本体と同時購入で6,000円)
  • ラージ:7,700円(本体と同時購入で4,200円)
  • ストロング:9,800円(本体と同時購入で6,000円)
  • スキンケア(美顔):6,800円(本体と同時購入で4,000円)

なので本体と購入しておくのが一番お得です!

公式サイトはこちら

3-1-1.実際にケノンを試した人の口コミ

会社員

木津さん24

1年ほど使用しました。段々と髭が薄くなってきている感じがしてとても嬉しいです。完全に脱毛するにはまだかかりそうですが、髭の処理がかなり楽になりました。今は時折照射するくらいで十分です。外へ行くのが億劫な雨の日や雪の日も自宅でゆっくり処理できるのがとてもいいですね。

会社員

野口さん26

使い方をよく読まずに初めから照射レベルマックスで使用してしまってかなり痛みがありました。肌が荒れやすい人はまずは出力を抑えてテスト照射した方がいいです。脱毛したい箇所を冷やしてから低レベルに設定して照射すれば痛みはありません。

3-1-2.おすすめな人

照射範囲が広く照射スピードも早いので、髭以外にも腕や足など広範囲な部位も脱毛したい人におすすめです。

自動照射機能を使えばさらにスピーディーに脱毛できます。

送料・代引き手数料無料・本体と同時購入でカートリッジ割引などお得な特典も多々用意されています。

脱毛をサポートする無料窓口もあるので、初期費用を抑えて初めての脱毛にチャレンジしてみたい人におすすめです。

公式サイトはこちら

3-2.手軽な値段で人気「エピレタ」

\ コスパで選ぶならコレ! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

カートリッジを付け替える必要がなく、消耗品用の代金が別にかかることもない充電式のフラッシュ式脱毛器です。

1つで15万回照射でき、5段階の照射レベルから選んで自分に合った強さに調節できます。

手のひらに乗せられるコンパクトな脱毛器なので、気になる所へさっと照射できます。

脱毛器専用の収納ポーチ付きで収納場所にも困りません。

おすすめポイント

  • 安い
  • 安心の日本製
  • タッチセンサー搭載(肌に密着しないと照射しない)
  • 肌色センサー搭載(適してない肌色部位には照射しない)
  • カートリッジ不要

編集部

14,800円と非常に安価な脱毛器なので、初めて脱毛器を試す人やコストを抑えたい人におすすめです。

リーズナブルですが機能は豊富で、誤射を防ぐタッチセンサーを搭載していたり、火傷を防ぐ肌色センサーを搭載していたりします。

本体は220gと非常に軽いので、全身の脱毛など長時間使用する際も手首に負担がかかりません。

基本情報

【価格】14,800円
【方式】光脱毛
【照射範囲】3.0cm×0.9cm
【照射レベル】5段階
【重さ】約220g(W130xD80xH50mm)
【特典・保証】 1年
【メーカー】 アイリスオーヤマ
【支払い方法】クレジットカード一括・代引き(手数料216円)・コンビニ決済(前払い・後払い)・楽天ペイ

公式サイトはこちら

3-3.オーディオ機能で楽しく脱毛「ローワン」

\ ブルートゥーススピーカー搭載! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

ブルートゥーススピーカーを搭載しているカートリッジ式の脱毛器なので、ブルートゥース対応機器があれば、好きな曲を流しながら脱毛できます。

1本のカートリッジで約20万発も打てるため、コストパフォーマンスのよい商品としてもおすすめ。

自動照射モードを使用すれば、照射する度に本体を操作する手間ありません。

1~3回の連続照射ができるので肌への負担を抑えたい人にもおすすめです。

おすすめポイント

  • カートリッジを交換すればスキンケアも可能
  • 世界初のブルートゥース連動型オーディオ機能搭載
  • 4ヵ国語(日本語・中国語・韓国語・英語)の音声案内機能付
  • タッチセンサー搭載
  • 自動温度感知センサーによる過熱防止
  • 日本製 (日本 PSE Circle認証)
  • ヨーロッパ電気/電子安全認証規格のCEを全て取得した高い安全性

1台あれば、カートリッジを交換するだけで脱毛器としても美顔器としても使用可能。

ハンドピースは90gと軽量なので長時間使用しても疲れにくく、ブルートゥース機能を使って音楽を流せば、長時間にわたるケアタイムもリラックスして使用できます。

照射面を肌に当てた時だけ照射される仕組みなので、安全性も抜群。

長時間の使用によって機器が熱を帯びてしまいがちですが、内部温度センサーを搭載して常に安全に使用できるよう工夫されています。

基本情報

【価格】54,800円(公式サイト価格)
【カートリッジ価格】脱毛用・スキンケア用各7,000円
【方式】光脱毛
【照射範囲】3cm×2cm
【照射レベル】8段階調整
【重さ】約1.78kg(約W275xD212×H89mm)
【特典・保証】1年

  • 10,000円以上は送料無料
  • 10,000円未満は送料650円(沖縄・離島は1,000円)

【メーカー】 ローワン
【支払い方法 】クレジットカード一括・分割払い ・代引き(手数料は購入価格により異なる)

公式サイトはこちら

3-4.髭脱毛に特化した脱毛器「メンズレイボーテEX」

\ 髭のケアにおすすめの脱毛器! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

髭の脱毛に焦点を当てて開発された、メンズ専用の脱毛器です。

5段階調節できるほか、パワーモードを搭載しているので剛毛な髭への使用もおすすめ。

曲線を描いているあごや頬へもしっかりフィットして、きれいに脱毛できます。

従来品よりも110%出力がアップしているので、これまであまり脱毛効果が感じられなかったという人にもおすすめです。

おすすめポイント

  • 日本製で安心
  • メンズ専用脱毛器
  • 美肌効果もある
  • 顎や頬へのフィット感
  • 軽い
  • 肌センサー搭載
  • 敏感肌モード搭載

敏感肌にも優しいモードを搭載しているため、肌への影響が心配な人も安心。

さらに、レイボーテフラッシュは美肌ケアもできる波長の光を多く含むため、照射するたびにスキンケア。

毎日のシェーバーなどで乾燥し荒れてしまった肌を整えていきます。

250gと軽いうえ、人間工学に基づき設計されているので、長時間使用しても手が疲れず持ちやすい形状なのもポイント。

日本で製造されており、誤射を防ぐための肌センサー搭載も搭載しており安全性も抜群です。

基本情報

【価格】37,000円
【方式】光脱毛
【照射範囲】2cm×1cm
【照射レベル】5段階
【重さ】約250g(約W73 x D58 x H152mm)
【特典・保証】保証なし
送料・代引き手数料無料
【メーカー】 ヤーマン
【支払い方法】コンビニ後払い・代引き・クレジットカード一括・分割払い

公式サイトはこちら

3-5.医療用脱毛器メーカーが開発「スムーズスキン For men」

\ 肌のトーンを自動で計測! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

モダンでスタイリッシュなデザインの、英国製フラッシュ式髭脱毛器です。

1台で約30万回照射でき、連続照射機能もついています。

髭などの狭い範囲も、足や腕などの広い範囲も連続照射機能を使えばスピーディーにケアできるのが魅力的です。

照射レベルは10段階と幅広く、肌への影響を見極めながら最適な出力を探し出せます。

おすすめポイント

  • 医療用脱毛器メーカー開発で安心
  • 男性用脱毛器
  • 敏感肌用モード搭載
  • 自動で肌のトーンを計測して照射
  • 軽い

男性用に開発されている脱毛器なので、より確実に効果を得たい人におすすめです。

照射出力は10段階用意されており、デリケートな部位には優しく、剛毛な部位にも強力にアタック。

10段階の出力の他にジェントルモードを搭載しているので、肌のデリケートな人でも安心です。

さらに、日焼けしてしまった時や火傷が心配な時などに役立つスキーントーンセンサーを搭載。

この機能があれば、脱毛器が自動で肌のトーンを計測し、最も適切な出力で照射できます。

基本情報

【価格】62,640円(送料無料)
【方式】光脱毛
【照射範囲】3㎠
【照射レベル】10段階
【重さ】約370g
【特典・保証】 2年間
【メーカー】 CYDEN
【支払い方法】クレジットカード一括・分割払い

公式サイトはこちら

4.唯一の家庭用レーザー脱毛器「トリア・パーソナルレーザー4EX」

\ 脱毛効果はFDAのお墨付き! /

出典:https://www.amazon.co.jp/

レーザーの専門家によって開発されたレーザー式の脱毛器です。

メーカーの方で、すでに日本人の肌にテスト照射をしているので安全性抜群。

2週間に1度照射するだけなので、ムダ毛ケアの時間がなかなか取れない人にもおすすめです。

髭はもちろん足や腕ビキニラインなど幅広い部位に使用できます。

黒色のメラニン色素を狙って照射するので、肌への負担が軽減されているのもポイントです。

おすすめポイント

  • FDAの認可を受けた唯一の家庭用レーザー脱毛器
  • 細かい部位の照射がしやすい
  • クリニックのダイオードレーザー技術を家庭用に応用
  • 30日間返金保証付き

日本の厚労省にあたるアメリカのFDAから、脱毛効果があると認可を受けている脱毛器です。

家庭用脱毛器でFDAの認可を受けているのは、トリア・パーソナルレーザー4EXだけ。

クリニックへ行かずに、自宅で本格的な脱毛ケアができます。

細かい部分へも照射しやすいので、デザイン髭に挑戦したい人にもおすすめです。

万が一脱毛効果が感じられなかった場合や故障してしまった場合も、安心の返金保証付き。

30日間使用してみて肌に合わないと感じたら、返金してもらえます。

基本情報

【価格】 54,800円(送料無料)
【方式】レーザー脱毛
【照射範囲】直径約1cm
【照射レベル】5段階
【重さ】約584g
【特典・保証】2年
【メーカー】 トリア・ビューティ・ジャパン
【支払い方法】クレジットカード一括・分割払い ・代引き(手数料あり)

公式サイトはこちら

5.購入前にチェック!家庭用髭脱毛器のメリット&デメリット

自宅で手軽にムダ毛ケアできる家庭用髭脱毛器ですが、手間暇がかかるというデメリットもあります。

メリットとデメリットの両方を吟味して、自分に適切な脱毛方法か見極めましょう。

5-1.髭脱毛器のメリット

家庭用髭脱毛器のメリットは以下の通りです。

  • 脱毛サロンやクリニックよりもリーズナブル
  • 自宅で処理できる
  • 人に見られずにすむ
  • 髭以外の部位も自由に脱毛できる

家庭用髭脱毛器なら自宅で処理できるので、サロンやクリニックへ通う必要がありません。

交通費を浮かせられるのはもちろん、デリケートゾーンなど人に見られたくない個所の脱毛もできます。

家族や友人との使用もおすすめ

カートリッジ交換タイプの脱毛器なら、家族で使用できます。

髭脱毛用や腕・脚など広範囲脱毛用、美顔用のカートリッジなど、1台あればカートリッジを替えるだけでさまざまな部位に使用できるのも大きなメリットです。

5-2.髭脱毛器のデメリット

髭脱毛器には、以下のようなデメリットもあります。

  • 慣れないうちは照射漏れする可能性が高い
  • 永久脱毛効果はない
  • 肌トラブルを引き起こすリスク
  • 手間がかかる

自分で脱毛器を使用する分、サロンやクリニックでプロの施術を受ける時よりも、照射漏れのリスクが高まります。

また、家庭用髭脱毛器はクリニックやサロンで取り扱われる施術器よりも出力が弱いため、永久脱毛の効果はありません。

永久脱毛ならクリニックへ

髭の処理から一生解放したい人には、クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

照射出力が高いクリニックのレーザー脱毛なら、毛根に強いダメージを与えられるので脱毛完了後はほとんど生えてきません。

5-3.家庭用脱毛器はこんな人におすすめ

家庭用髭脱毛器のメリットとデメリットをトータルすると、以下のような人におすすめだと言えます。

  • 自宅で手軽に髭を脱毛したい
  • 初期費用や交通費などを抑えて脱毛したい
  • 人に見られたくない・触られたくない
  • 髭以外にも脱毛したい箇所がある
  • 自分のペースを崩したくない
  • サロンやクリニックへ通う時間がない

サロンやクリニックの営業時間

サロンやクリニックの営業時間は各店舗によって異なりますが、多くの店舗は21時には受付を終了してしまいます。

なかには、22時や23時まで営業しているサロンやクリニックもありますが、施術完了までの所要時間は少なくとも1時間以上。

あまりにも夜遅い施術だと、終電や終バスを逃す可能性もあるので、帰宅手段も要チェックです。

6.絶対ダメ!女性用脱毛器「ソイエ」での髭脱毛

有名な脱毛器だからといって、どの部位にも使えるとは限りません。

パナソニックから出ている女性用脱毛器ソイエで髭脱毛をすると、失敗するリスクが非常に高いので注意しましょう。

6-1.意外と多い!ソイエで髭脱毛する男性

パナソニック製の女性用脱毛器ソイエは、9,274円と比較的リーズナブルで、腕・足・脇・ビキニラインへ使用できます。

浴室での使用を前提として製造されているので、水洗いでき、常に清潔に保てるのが大きなメリット。

泡立てたボディソープで肌を保護して使用します。

しかし、髭への脱毛には向いておらず、髭に使用した男性からは悲痛な声が多く上がっています。

会社員

日下さん30

この痛みに耐えられる人っているの?拷問かと思うくらい痛かった。やわ肌ガード機能っていうの使ってみたけど、全然効果ないよ。髭は無理。悪いこと言わないからやめた方がいい。

会社員

立田さん29

泡を使って使用するタイプの脱毛器だったので、浴室で湯船に浸かり、十分に肌を温めてから使用しました。痛みがあるとの口コミを見ていたので覚悟はしていましたが、なるほどこれは…。髭には向かないですね。できれば返品したいです。

会社員

高峰さん26

シェーバー使うのが面倒で購入しましたが、おとなしく毎日処理していればよかったと後悔。肌は強い方なんですが、あり得ないくらい痛いです。処理後は赤いボツボツができて肌荒れも酷い。もう二度と使いません。

かなり痛い思いをしてしまうので、ソイエでの髭脱毛はおすすめできません。

無理に使うと肌荒れや埋没毛のリスク

せっかく購入したのだからと無理に使用し続けると、肌荒れが悪化して流血するリスクも高まります。

腫れや赤みが出た時など、自分の肌に合わないと感じた時は脱毛器に限らず使用を中止する勇気を持ちましょう。

6-2.ソイエでの髭脱毛はハイリスク

ソイエは、レーザー式・フラッシュ式・サーミコン式のどれでもありません。

高速で毛を抜いていくだけの脱毛器なので、メカニズムや仕上がりは毛抜きとほとんど同じ。

激痛が伴うだけでなく、赤みや腫れ・出血 ・埋没毛 ・毛嚢炎・色素沈着などの肌トラブルを引き起こすのでおすすめできません。

編集部

毛を抜くと毛穴にも大きなダメージ。痛みがあったり、出血をしたりする恐れがあります。また、毛を抜いた後毛が表面に出てこないと埋没毛になって汚い仕上がりになってしまいます。

顔はとくに皮膚の薄い部分

顔は腕や足よりも皮膚が薄く、肌の水分が蒸発して乾燥しやすいデリケートな部分なので、普段肌荒れしにくいという人でも顔を脱毛する際は肌荒れのリスクが高くなります。

また、体調の悪い時も肌荒れしやすくなるので、肌の強さや痛みへの耐性に自信がある人でもソイエは使用しない方が賢明です。

7.メーカースタッフに聞いた!髭脱毛器を使う時に守るべき注意点

髭脱毛器は手軽に使用できるのが大きなメリットですが、使用方法を守らないと肌トラブルの原因となります。

メーカーの推奨する正しい使用方法を守りましょう。

7-1.毎日照射しない

毎日の手入れは肌の負担となるため、使用頻度を必ず守るようにと脱毛器メーカーローワンのスタッフは言っています。

推奨されている使用頻度は商品によって異なっていますが、多くは1~2週間の間隔を空けて使用するよう推奨しています。

毛周期

毛には毛周期というサイクルがあり、成長期→退行期→休止期という3つの時期を繰り返しています。

肌の表面に見えている毛は全体の約20%を占める成長期の毛で、脱毛器の効果が出るのもこの成長期の毛だけです。

成長期の毛は1~2週間ほどで生え変わるので、毛全体へ効率的に照射するためには1~2週間ほどの間隔を空けて照射するのが一番。

頻繁に照射しても肌への負担が増えるだけなので照射間隔は必ず守りましょう。

7-2.必ず髭剃りをしてから照射する

髭が伸びたままだと、照射の熱で髭が焦げてしまい毛根へダメージを与えにくいので、髭を剃ってから照射するのがおすすめです。

しかし、髭剃り直後に照射すると肌を痛めてしまいます。

有名な脱毛器メーカーLAVIEに調査したところ、朝剃ってから夕方~夜に照射するのがベストということでした。

髭剃りにかかる時間

1日10分髭剃りをする場合、1か月で約5時間、1年で約2日半、10年で約25日髭を剃り続けていることになります。

これから何十年先まで髭を剃り続けようと考えている人は、早めに脱毛しておいた方が得です。

7-3.照射前後に冷やす

照射前後は、保冷剤を巻いたタオルなどで照射部位を冷やしておくことで、照射時の痛みを軽減できます。

とくに、レーザー式の脱毛器は痛みを感じやすいので、必ず照射部位を冷やしてから使用しましょう。

脱毛器メーカーのトリアに問い合わせたところ、1回の照射ごとに冷やすのが理想的ということでした。

冷却時に肌を痛めないよう注意

保冷剤などを直接肌に当てると肌を痛めてしまうので、必ずタオルなどで包んでから照射部位を冷やすようにしましょう。

制汗剤などを使用すると肌が冷たくなったように感じますが、実際に肌が冷却されているわけではないのでNGです。

さらに、脱毛器を使用する前に制汗剤を使うと色素沈着や肌トラブルの原因となるので、使用は控えた方が賢明です。

7-4.弱い照射レベルからスタートする

初めから高いレベルで照射すると肌を痛めてしまうリスクが高まるので、必ず最も弱い照射レベルからスタートしましょう。

また、テスト照射はできるだけ皮膚の厚い腕や足などの部位にする方が安全です。

脱毛器メーカーとして有名なケノンも、初めは腕など顔以外へのテスト照射をおすすめしています。

細かく段階を調節できるものがおすすめ

テスト照射が終わったら、少しずつ照射レベルを上げて丁度よい照射レベルに調節します。

より適切な照射レベルに調節できるよう、細かく段階調節できるものがおすすめです。

7-5.光を直視しない

黒色に反応する脱毛器の光を直接目で見るのは大変危険です。

脱毛器メーカーのケノンも、照射時は付属のサングラスを必ず使用するよう注意喚起しています。

もし脱毛器の光を直接目で見てしまったら…

的確な処置を受けるために眼科を受診するのが一番です。

すぐに眼科へ行けない場合は、冷たいタオルを目の上に乗せるなどして冷やして応急処置しましょう。

7-6.保湿ケアが大切

照射後の肌は、軽い火傷を負った状態になっておりとてもデリケートです。

照射後は必ず保湿ケアをして、摩擦などの刺激から肌を保護しましょう。

また、照射後に日焼けすると肌トラブルを起こしてしまうので、日焼け止めをよく塗っておく方がおすすめです。

日焼け止めは肌に優しいものを選ぶ

照射後のデリケートな肌は、日焼け止めの刺激にも肌トラブルを起こす可能性があります。

肌トラブルを防ぐためには、ノンケミカル処方のものや無添加にこだわっているもの、保湿成分が多く含まれているものなどを選びましょう。

7-7.傷や炎症部分には使用しない

傷や炎症のある部分に使用すると、より悪化する危険性があるので、肌に異常がある時の使用は控えましょう。

また、脱毛器メーカーのLAVIEは、ほくろやタトゥー部分への使用も避けるよう注意喚起しています。

ほくろやタトゥーに使用できない理由

フラッシュ式やレーザー式の脱毛器は毛の黒い色に反応するようにできているので、同じように黒い色のついているほくろやタトゥーにも反応し、火傷する危険性があります。

7-8.18歳未満の使用は要注意

18歳未満の使用を禁止しているメーカーや、推奨していないメーカーがほとんどです。

脱毛器のトリアでも、成長過程にあってバランスを崩しやすい18歳未満の使用を禁止しています。

肌荒れしやすい年齢

18歳未満の人はまだ成長期にあるためホルモンバランスが安定しません。

ホルモンバランスが崩れると肌荒れしやすく、脱毛器による影響も受けやすくなります。

脱毛器を使用すると肌荒れが酷くなってしまうリスクもあるので、18歳未満の人の使用はおすすめできません。

8.髭脱毛器の効果が出ない5つの理由

髭脱毛器を何度使用しても全く効果が感じられないという人は、使用方法を間違えているのかもしれません。

日焼けした肌に使用していないか、適切な照射力を利用できているのかなど、今一度確認してより効率的に脱毛しましょう。

8-1.日焼けしている

脱毛器は黒色に反応するので、日焼けした肌に使用すると火傷のリスクが高まります。

リスクを避けようと照射レベルを下げると脱毛効果も下がってしまうので、日焼けしないよう普段から対策しておきましょう。

日焼け止めはこまめに塗り直す

日焼け止めは1度塗れば1日中カバーしてくれるものではありません。

多くのものは30分~1時間程度で作用を失ってしまうので、汗をかいた時やタオルで拭いた後などこまめに塗り直しましょう。

よく汗をかく人はウォータープルーフタイプの日焼け止めがおすすめです。

8-2.白髪や金髪が多い

フラッシュ式やレーザー式の脱毛器は黒い色に反応するようにできているので、色の抜けた白髪・金髪・産毛には反応しません。

白髪にはニードル脱毛がおすすめ

白髪でも脱毛できる脱毛方法としてニードル脱毛があります。

高額な激痛を伴う脱毛方法ですが、一度脱毛した毛は二度と生えてこないというメリットがあります。

数本だけ白髪が生えているという場合は、そこだけニードル脱毛を受けるのがおすすめです。

8-3.照射パワーが弱い

照射レベルが低すぎると脱毛効果があまり感じられないので、肌への影響を見ながら照射レベルを上げていくのがおすすめです。

選択中のモードも確認

普通肌なのに敏感肌用のモードをずっと使っていると、なかなか効果が感じられません。

モードが複数ある脱毛器の場合は、自分が適切なモードにして使用しているかということも見直してみましょう。

8-4.使用期間が短い

家庭用髭脱毛器を使用する場合、効果が実感できるまでに最低でも3か月以上必要です。

1回の使用で効果が出てくるわけではないので、根気強く継続しましょう。

効果実感までには個人差がある

3か月で脱毛効果を実感できた人もいれば、6か月以上経過してからやっと脱毛効果を実感できた人もいます。

効果が実感できるまでには個人差があるので、剛毛な人ほど他人と比べずに根気強く継続しましょう。

脱毛効果を実感しやすくするために写真を撮っておくのがおすすめです。

8-5.使用方法を守っていない

使用頻度や照射方法など、自己流で使用しているとなかなか効果が感じられません。

間違った使用方法は肌トラブルの原因にもなるので、使用前に必ず説明書をチェックしておきましょう。

使用動画もチェック

説明書を読むのが苦手な人は、YouTubeなどの動画サイトで使用方法を説明している動画を探してみましょう。

メーカーの公式サイトに正しい使用方法の説明動画が載っていることもあります。

9.まとめ

髭脱毛器を選ぶ際は、次の10のポイントに注目して選びましょう。

  1. 値段
  2. 脱毛方式
  3. 照射範囲
  4. 照射レベル
  5. 連続照射
  6. 照射限度
  7. 脱毛可能部位
  8. 保証
  9. 重さ
  10. 使用者の口コミ

今回、この10のポイントに注目して8種類の髭脱毛器を比較しました。

どの髭脱毛器にもメリットとデメリットがあるので、自分の毛質や肌質に合わせて適切なものを選びましょう。

また、適切な髭脱毛器を使用しても効果が感じられない場合は、5つの失敗ポイントをチェック。

  1. 日焼けしている
  2. 白髪や金髪が多い
  3. 照射パワーが弱い
  4. 使用期間が短い
  5. 使用方法を守っていない

どれか一つでも当てはまるものがあれば、髭脱毛器の効果を十分に感じられません。

適切な髭脱毛器を選び、正しく使用することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*