髭脱毛を自宅でする方法は3つ!家庭用脱毛器が1番効果が高いワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髭脱毛 自宅

髭脱毛を自宅で簡単にできる方法は3種類あります。髭脱毛は他の部位と違って要注意! 除毛クリームやブラジリアンワックスの脱毛法を髭に使用すると肌トラブルの危険性が高いです。 カミソリやシェーバーの方法では現状と変化がありません。 結局、髭脱毛を自宅で考えているなら家庭用脱毛器がその中で一番効果的です。おすすめの脱毛機から知っておくべき脱毛の基礎知識。青髭をすぐに薄くする裏技まで紹介します。

毎日の髭剃りが面倒で髭脱毛したいけど、サロンやクリニックは高い!

「自宅で簡単な髭脱毛の方法ってないの?」と思っていませんか?

そんな悩みを持っているあなたは必見です。

ここでは、  

  • 自宅で髭脱毛する方法
  • 家庭用脱毛器がNO1の理由
  • おすすめの家庭用脱毛器
  • 髭を薄くする簡単な方法   

などをわかりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

自宅で「髭脱毛」する方法は3つ

  • 毛を抜く
  • ワックス脱毛
  • 家庭用脱毛器

この3つの方法が自宅で脱毛する方法です。

毛を抜く

毛抜きなどで1本1本毛を抜く方法。

特徴 ・脱毛
メリット ・次の毛が生えるまで時間がかかる

・毛抜きを安く購入できる

・定期的に抜くことで毛が薄くなる

デメリット ・1本1本と時間がかかる

髭の毛量が多い場合は、毛抜きで抜き続けることは現実的に難しいです。

ワックス脱毛

ワックスを薄く塗り、シートを貼り剥がすといった方法です。

使い方

1)毛の処理したい部分を清潔に保つ

2)付属のパウダーなどで水分を拭き取る

2)処理したい所に温めたワックスを毛が伸びている方向へ1〜2mm程度均一に塗る

3)シートを上から毛が流れている方向へ数回こするように押し付けて貼れる

4)一度シートをピンとさせてから肌と平行に素早く剥がす

という方法。

特徴 ・脱毛
メリット ・短時間での処理が可能

・次の毛が生えるのに時間がかかる

デメリット ・毛の長さが必要

・痛い

・塗り方になれるまで時間がかかる

脱毛テープと同じような感覚です。成分はハチミツ・砂糖・レモンなどの天然成分がメインなので、肌には優しいです。しかし、剥がす際に角質も剥がしてしまいます。肌のデリケートな人や皮膚の薄い人はあまり向いていないので、基本的に使用しない方が安全です。

ワックス脱毛の誤解

・ワックス脱毛とブラジリアンワックスの違い

ワックス脱毛というとブラジリアンワックスを思い浮かべると思います。ブラジリアンワックスとは、アンダーヘアーのワックス脱毛のことです。

顔に塗るワックス脱毛はまた種類が違います。

・固めないタイプと固めるタイプがある

ワックス脱毛とは、「ワックスを塗ってからしばらく放置し、剥がす。」と時間をおくものだと思っている人が多いと思います。これは誤解です。ワックス脱毛によりタイプがあり、このイメージを植え付けているものは鼻毛用ワックスの流行が要因だと思考えられます。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器の仕組みは、メラニン色素(毛の黒色の部分)に反応させ、毛根にダメージを与え続けます。毛の生成部分を破壊し、毛を生えないようにする方法です。

特徴 ・抑毛
メリット ・好きな時間にできる

・肌に優しい

・人に見られない

デメリット ・手の届かない場所がケアできない

・イメージ通りにすることが難しい

・すぐに効果が得られない

家庭用脱毛器は、2週間に1回程度の使用を数ヶ月〜1年程度繰り返します。そのために、すぐに効果欲しい人には向いていないです。

家庭用脱毛器の脱毛効果に即効性はない

脱毛器の効果を1回で毛が抜けて、生えなくなるだろうと思っている人も多いですが、誤解です。

家庭用脱毛器は、特殊な光をあてることで毛の生成部分を弱らせたり、破壊することで毛を抜けさせ、次に生きてくる毛を徐々に細くさせたりします。

効果を実感するには最低でも3ヶ月〜半年以上はかかると思っておくことが必要です。

自宅で髭脱毛するなら絶対知っておくべき基礎知識

「脱毛」というと、

  • 除毛や抑毛って脱毛とどう違うの?
  • エステとクリニックの違いって?
  • 「脱毛=永久に毛が生えないこと=永久脱毛」

と思っている人も多いと思うので、自宅で髭脱毛を検討する際にも役立つ基礎知識を詳しく解説しています。

「脱毛」「永久脱毛」の違い

脱毛を考えている人であれば、この言葉の違いは必ず知っておくべきです。

世の中では「脱毛」=「永久脱毛」と勘違いしている人が多いです。言葉の意味が全く違うので注意してください。

永久脱毛

一生毛が生えてこなくなること。

脱毛

毛が抜けること。毛を抜くこと。

脱毛は、毛抜きなどで毛を抜くことも脱毛と言います。自然に毛が抜け落ちることも脱毛と言います。

「除毛」「抑毛」の2つの言葉に注意!

  • 除毛(じょもう)
  • 抑毛(よくもう)

結論から言うと、この2つは、世間では混合されて使用されていることが多いです。つまり正しく使い分けられずにごちゃごちゃに使われています。

除毛とは

皮膚の表面に見えている毛だけを排除することです。

普段、行なっているカミソリやシェーバーなどの行為は「除毛」に含まれます。

除毛は脱毛とは違い、毛の表面のみの処理なので脱毛とは別の処理法です。

除毛クリームなどは、主に「チオグリコール酸カリウム」というアルカリ性の成分が含まれているため、毛のタンパク質の結合を緩め毛を柔らかくする働きをしてくれます。それにより、除毛クリームを拭き取るの摩擦で肌の表面の毛が切れて処理することができます。

抑毛とは

毛の成長を抑え、毛を細くして目立たなくすることです。

抑毛クリームは、ご存知の方も多い「イソフラボン」の成分効果を利用したものです。イソフラボンには女性ホルモンに似た働きがあり、イソフラボンを摂取することで男性ホルモンを低下させ毛を薄くさせる効果があると言われています。

抑毛クリームは効果が期待できない理由

男性が直接、肌に女性ホルモンを注入したりすることで毛を薄くさせることは、テレビでオカマの方の話などでご存知の方も多いと思います。

しかし、抑毛クリームに含まれる微々たる女性ホルモンに似た成分を肌に塗り込む程度で、毛を薄くさせたり、毛を抑制したりするとは考えにくいです

毛の仕組みについて

一度抜いた毛が、再び毛穴から毛が生えていくのはどうしてだろう?と思ったことがあると思います。これは毛の生成部分である「毛乳頭」と「毛母細胞」が残っているためです。

簡単に毛の構造について理解し、毛がなんと繰り返し返って生きているのか知っておきましょう。

毛の構造

・毛乳頭

毛細血管が毛乳頭に集中しており、栄養を取り込み、毛母細胞に送る働きをしています。

・毛母細胞

毛を作る部分。栄養を毛乳頭から送られてくることで細胞分裂を繰り返し毛がどんどん成長します。

・毛球

毛を抜くために根元に丸っぽいものがいるついているのがこの部分。毛球が栄養を吸収し、大きく育てないと毛根から毛が抜けやすくなってしまいます。

・毛線

肌の表面に出ている毛の部分。

毛を抜いた時は、毛球の部分が抜けている

毛乳頭と毛母細胞はセットであり、この二つがないと毛は作られません。毛を抜いた際は、毛球が抜けており毛乳頭と毛母細胞は皮膚内に残っています。それにより、再び毛が再生します。

毛周期

  • 休止期
  • 成長期
  • 退行期

毛周期とは、この三つのサイクルを絶えず繰り返しています。現在、目に見えている毛のみが存在しているわけではありません。毛は、部分によって毛周期が異なります。すね毛やワキ毛など髪の毛と同様に伸び続けないのは毛周期の関係です。

目に見えている毛は成長期の部分であり、全体の70〜80%ぐらいと考えられています。

・休止期

毛の成長が止まり、毛根が衰退していきます。それにより、毛が毛乳頭から切り離され、毛穴から抜け落ちていきます。次の毛を生やすための準備期間です。

・成長期

毛母細胞は、毛乳頭から栄養が送られ細胞分裂が活発に繰り返し返されます。徐々に毛が成長し、毛が伸びていきます。

・退行期

毛母細胞の細胞分裂が停止し、毛の結合が緩みます。それにより毛が抜けやすくなります。

エステサロンと医療クリニックの施術方法の違い

2つの違いを知っている人は多くはいないでしょう。髭脱毛を自宅で試みたいと思った方は、調べた方も多いのではないでしょうか。値段設定も様々で違いの差もよく分からないし、高かったと印象を持った人もいるでしょう。

  エステサロン 医療クリニック
施術方法 光脱毛、一部ニードル脱毛 レーザー脱毛、ニードル脱毛

エステサロンと医療クリニックの違いで一番重要なのは、施術方法の違いを知っておくことです

  • フラッシュ脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

この3つの違いを詳しく理解知っておきましょう。

フラッシュ脱毛

主にエステサロンはこの施術方法です。メラニン色素(黒色)に反応する特殊な光を照射します。光の出力が小さく、誰でも扱いが可能ですのでエステサロンのエステティシャンや家庭用脱毛器でも採用されています。

フラッシュ脱毛は、毛乳頭や毛母細胞を根本的に破壊する力はなく弱らせる働きをし、毛の成長を抑え、減毛効果を発ます。

レーザー脱毛

主に、クリニックまたは皮膚科などで施術可能なレーザー脱毛は、医療従事者が取り扱うことができないため、エステサロンでは使用されていません。仕組みは、フラシュ脱毛と同様、特殊な光をメラニン色素へ照射します。

レーザー脱毛は、医療用レーザーが使用されており光の出力が大きく毛乳頭や毛母細胞を破壊します。そのため、毛を一生生えさせてこさせない永久脱毛がほぼ可能です。

ニードル脱毛

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛と施術の方法が異なります。毛穴一つ一つに針を挿し、微弱な電流を流すことで直接「毛乳頭」と「毛母細胞」を破壊します。そのため、一度ニードル脱毛の施術を受けた毛穴からは毛が一生生えてきません。

この施術方法は、現在では医療クリニックまたは皮膚科で主に施術されており、一部のエステサロンでも使用されています。

フラッシュ脱毛が永久脱毛とは言えない理由

永久脱毛が可能なレーザー脱毛とニードル脱毛と比べてると、フラッシュ脱毛って効果がないの?意味がないの?と思われがちです。

フラッシュ脱毛が永久脱毛と呼べない理由は、フラッシュ脱毛は歴史がまだまだ浅く、ムダ毛の再生率もニードルやレーサーに比べて多いからです。

とは言え、フラッシュ脱毛も継続することにより、毎日行っていた毛の処理を月に1回〜2回程度のムダ毛処理の回数まで減らすことは可能ということです。

自宅で髭を脱毛を始めるなら家庭用脱毛器がNO1

髭脱毛自宅家庭用脱毛器

毎朝の髭剃りが手間で時間を短縮して考えている方は、家庭用脱毛器を選ぶことです。

家庭用脱毛器を使用する前提として、半年〜1年間は我慢強く使い続けることで効果を得ることが期待できます。

家庭用脱毛器はフラッシュ脱毛が主であり、脱毛方法としては永久脱毛ではなく、抑えです。

残念ながら、自宅で髭脱毛をすることによって、毛を二度と生えさせてこなくさせること(永久脱毛)は不可能です。

毛を生えさせなくすることはできないが、毛を減毛させ細くさせることは可能です。ムダ毛の手入れを月に1回~2回程度にすることは、脱毛器の利用を継続することで十分期待できます。

その他の方法が根本解決につながっていない5つのケース

・髭剃り

→現在生えている毛を処理するだけで、またすぐに生えてくる

・除毛クリーム

→除毛クリームに関しては、肌トラブルの可能性が高い。表面の毛を処理するのみでまたすぐに毛が生えてくる。

抑毛ローション

長期にわたり使用を続けても、効果が期待できないため毛の処理は継続し続けなければならない。

・毛を抜く

定期的にする必要がある。毛根から毛を抜くことで、次に生えてくる毛の期間が長くなる。しかし、毛の生成部分を破壊しているわけではないので毛は少なくならない。

・ブラジリアンワックス

定期的にする必要がある。髭の長さも1cm程度必要。

  • サロンやクリニックは高額で通えない
  • 人に見切れない
  • ・痛みに弱い

という方には、家庭用脱毛器はおすすめです。

見落とし注意!家庭用脱毛器の6つの正しい選び方

家庭用脱毛器の選び方は注意をする必要があります。タイプによって特徴をチェックして選んでください。

  • 脱毛方式
  • 照射範囲
  • 照射限度回数
  • 本体と消耗品の値段
  • 保証期間
  • 脱毛できる部位

の6つに注意して選びましょう。

脱毛法

家庭用脱毛器には、大きく分けて3つの種類があります。

  • フラッシュ式
  • レーザー式
  • サーミコン式

それが特徴を見てきましょう。

フラッシュ式

・仕組み

フラッシュ脱毛は、メラニン色素(黒色)に特殊な波長の光を照射(光を照らすこと)することで、毛の生成部分の細胞を破壊していきます。

・痛み

出力(脱毛器のパワー)が弱いため、痛みはチクッと輪ゴムで軽く弾かれる程度。

毛が密集している部分の方が光がたくさん反応するため、痛みを感じやすい

・1回の使用時間

1回の照射範囲が広いために回数が少ない。

(髭だと5〜10分程度)

メリット
・痛みが少ない

・肌の弱い人でも大丈夫

・1回の時間の短縮に繋がる

デメリット
脱毛完了までに時間がかかる

レーザー式

・仕組み

仕組みはフラッシュ式と変わりなく、フラッシュ式より出力(脱毛器のパワー)が大きい特殊な波長の光を集中的に照射することにより、毛の生成組織を破壊する。

・痛み

出力(脱毛器のパワー)が大きいため、痛みはフラッシュ式よりも強い。

強く輪ゴムで軽く弾かれる程度。

・1回の使用時間

1回の照射範囲が小さく照射回数が多い。

(髭だと10~20分程度)

メリット
集中的に照射することで脱毛効果が高い
デメリット
・痛みが強い

・照射範囲が狭い

サーミコン式

・仕組み

サーミコンは熱線式もあるが、これは毛を焼き切る方法で直接肌には触れない。

(脱毛ではない除毛に含まれる)ので肌に優しい。慣れるまでで少し時間がかかります。

・痛み

熱線の温かみは感じるが、痛みはない。

・1回の使用時間

髭剃りと同じような感覚なので早い。

(髭だと5〜10分程度)

メリット
肌に優しい
デメリット
・除毛行為なのですぐに毛が生えてくる

・正しい使い方をしないとやけどする恐れがある

・毛が焼ける匂いがする

・使いづらい

脱毛方式は、目的に合わせて選びましょう。

  • すぐに毛を処理したい方は、サーミコン方式
  • 痛みに弱く、時間がかかっても広範囲脱毛したい方は、フラッシュ方式
  • 痛みに強く、時間をかけたくない方は、レーザー方式
サーミコン式をおすすめしない理由

サーミコン式は非常に評判が悪いです。理由は、サーミコン式の家庭用脱毛器の効果が除毛行為なので「脱毛ではない!」「使用するくらいならカミソリやシェーバーで十分だった。」という声が多いからです。

実際に、サーミコン式は脱毛器と呼ばれていすが、除毛器と呼んだ方が正しいです。

以下

本サイトでは、サーミコン式を家庭用脱毛器から除き説明していきます。

照射範囲

照射範囲は、狭いと1回にかかる時間が長くなり、広いと手間は省けて時間は短くなります。

広ければ良い訳ではなく、肌との接地部分が照射漏れなどしていないかが大事です。

狭い部分と広い部分の可能な切り替え式が可能な家庭用脱毛器が便利です。

照射限度回数

照射するために特殊な光を出すカートリッジがついているものが多いです。カートリッジには照射限度回数があり、限度回数を越えると効果がなくなり使用できなくなります。

その度に、カートリッジを追加購入できるものや、使い切りで本体そのものを交換しないといけないものがあります。

照射限度回数の正しい知識

照射限度回数は、出力が一番低いレベルで行った場合の回数です。出力のレベルを上げるごとに照射限度回数の減り方は徐々に大きくなっていくことを覚えておきましょう。

✳︎ケノンの場合、

出力レベル1で100万発

出力レベル10で30万発

本体と消耗品の値段

本体の値段はもちろん、消耗品の値段は把握しておきましょう。家庭用脱毛器における消耗品は、カートリッジやバッテリーがあります。その他、カートリッジが交換タイプではなく使い切りのタイプもあります。

男性は消耗品のことまで考えないから後悔する

買ってから予想外の追加料金がかかってしまい、結局もう1ランク上の商品が購入できたという経験はないですか?

モノを購入する際、男性は衝動的に後先を考えずに購入する傾向があります。

その点、女性は買った後のことや処分のことまで考える人が多いので、女性は買い物上手と言われるのでしょう。

保証期間

保証期間の有無は必ず確認しましょう。自然保証は、使用していない場合や、普段通りに使用していただけでも機械が不具合を起こした場合に交換や修理を無償で行うというサポートです。

自然保証がないものは、メーカーからのサポートを一切受けることができません。基本的に、メーカー保証が1年間の「自然保証」をつけています。

知らなきゃ損!保証の種類

色々な電化製品に保証って記載してあるけど、何を保証してくれるの?と思ったことはありませんか?

・自然保証◯

人為的でなく、機械が不具合を起こした場合の保証

・延長保証◯

自然保証を延長する保証

・事故保証◎

落としたり、ぶつけたり、などの人為的行為による故障でも保証

事故保証が付いていれば一番安心です。

脱毛できる部位

家庭用脱毛器の機種により、脱毛できない部位があるので確認しましょう。脱毛できない部位がある機種のものは使用方法を守ることが大事です。肌トラブルの原因に繋がります。

お得なキャンペーン

購入する前は公式サイトを必ず確認しましょう。

機種により、様々なキャンペーンを公式サイトのみで行っていることがあります。後から気づいて後悔しないようにしましょう。

衝動買いする前に公式サイトをチェック

ネットや店頭での割引価格などの安さにつられて衝動買いすることがあると思います。その際は、一度立ち止まって商品の公式サイトを確認してみてみましょう。

さらにお得な情報があるかもしれません!

現在、使用中の35人が選ぶ!おすすめの家庭脱毛器3選

ここでは、初めて家庭用脱毛器を試してみようと思っている人のために、現在家庭用脱毛器で髭脱毛を試みている35人に聞いてみました。

  • 脱毛するときの使いやすさ
  • 脱毛効果を実感しているもの

の2つの基準から紹介していきます。

コスパNO1×全身脱毛可能「ケノン」

ケノン商品画像

女性と男性から幅広い支持を受けている「ケノン」。

コンセントに繋げると、ボタン2つで誰でも簡単に脱毛を始められる使いやすさが人気です。ケノンの効果はどこを調べても溢れるほど出てくる信頼感。利用者の43%が男性ということで購入の際に恥ずかしがる必要も一切ありません。

【ケノンの特徴】

メリット

  • カートリッジが切り替え可能
  • カートリッジの種類により照射面積も4.5~9.25㎠と違い部位により使用しやすい
  • ケノンは全身脱毛が可能なので、髭以外にも気になるところがあれば同時にどこでも脱毛できる
  • 出力が10段階切り替え可能で、痛みに弱い方や効果を早く実感したい人にとって調整できる
  • 照射の連射機能も6連射付きと調整可能で、肌の弱い人は6連射でパワーを分散させることが可能
  • ハンドピース(手に持つ部分)は、120gで携帯電話とさほど変わりない重さなので疲れない

デメリット

  • 初期費用が高い
  • ピンポイントの照射に弱い
  • 家庭用脱毛器の中では本体が大きいので邪魔になる

髭だけでなく、その他の部位も脱毛したい方におすすめです。

ケノンの購入は公式サイト1択!見逃すと大損な3つの理由

(1)ケノンのキャンペーンは凄い

【2018年4月現在】ケノンは、定価から28%OFFで69,800円で購入可能。

通常だとプレミアムカートリッジの付属しかないが、現在のキャンペーン中であればエクストラとスキンケア用のカートリッジの2つが付いてくる。

購入後、口コミレビューを投稿すれば、髭脱毛にさらに効果があるストロングカートリッジがもらえる。

(2)ケノンは代引きで購入するとさらにお得

・カード払い

金利手数料が加算され高くなる

・銀行振込

振込手数料がかかる

・代金引換

代引引換手数料がかからない

代金引換にすると数百円お得に購入できます。

(3)ケノンは追加料金で事故保証も付けれる

ケノンは購入すると自然保証が1年間付いていますが、さらに2つの保証をつけるか選ぶことができます。

・2,500円で自然保証をさらにプラス2年間(トータル3年間)

・4,500円で2年間の事故保証付き

 

商品紹介

【本体価格】税込69,800円

【脱毛方式】フラッシュ式

【照射範囲】7㎠(2㎝×3.5㎝)

【照射出力】10段階調整可能

【照射回数】30~100万発(✳︎出力により変動)

【消耗品】カートリッジ(✳︎照射限度回数が終了次第)

【保証】自然保証1年間

【made in】日本

商品の公式サイトボタン

 

 

ケノンを使用している人の口コミ▼
ほんと買って良かった!

ケノンは購入してから説明書も読まずに利用できたくらい簡単でした!効果も6ヶ月で濃かった髭も人に気づかれるくらい薄くなってきました。もうちょっと継続して続けてみます!

(ケノン利用歴6ヶ月26歳男性会社員)

思っているよりしぶとい..

今ではかなり部位ごとにより出力や連射の調整機能を使いこなしています!髭の脱毛はかなり時間がかかるということは知っていましたが、かなりしぶとい。まだ全体の2割程度しか進んでないです。

(ケノン利用者4ヶ月31歳男性飲食店員)

狭い範囲なら威力抜群「トリア」

アメリカの政府機関で認められている(FDA)「トリア」。充電しておかなければ使用ができない点を除いては、操作はいたって簡単です。家庭用レーザー脱毛器の威力はエステサロン顔負け。

欠点は、毛が集中している部分はかなりの痛みがあるそうです。

【トリアの特徴】

メリット

・医療レーザー脱毛の技術を開発しているプロたちが開発

・フラッシュ脱毛に比べて少ない回数で脱毛できる

・コードレスで使いやすい

デメリット

・部位によりかなり痛い

・照射面積が狭いので時間がかかる

ピンポイントの髭脱毛をしたい方や、痛くても諦めずに我慢できる方におすすめです。

トリアの大特典!2回目は半額で購入可能!

トリアは、バッテリー式です。500回程度の充放電を繰り返すとバッテリーが劣化してきます。

劣化して使えなくなった場合は、正規取扱店での購入のもののみ新品のトリアを半額の値段で交換してくれます。

 

商品紹介

【本体価格】税込54,800円

【脱毛方式】レーザー式

【照射範囲】1㎠(直径8㎜の円形)

【照射出力】5段階調整可能

【照射回数】✳バッテリー式(目安500回の充放電)

【消耗品】なし

【保証】30日間返金保証,2年間保証(自然故障のみ)

【made in】タイ

商品の公式サイトボタン

 

トリアを使用している人の口コミ▼
効果はあるが痛い

効果は実感できるが、、、痛すぎる。このまま継続していけるか不安。麻酔クリーム塗りたい。

(トリア利用者2ヶ月   21歳 男性 大学生)

いい感じ!

まばらに中途半端な毛がたくさんあったけど、トリアを使用して9ヶ月でほとんどツルツル!あとは、定期的にするだけで髭剃りは必要なさそう!本当に家で脱毛できるんだと驚いた。

(トリア利用者9ヶ月28歳男性IT企業)

髭メインの脱毛マシン「メズ・レボーテ」

商品紹介

【本体価格】税込37,800円

【脱毛方式】フラッシュ式

【照射範囲】2㎠(1×2)

【照射出力】5段階調整可能

【照射回数】25万発

【消耗品】カートリッジ7,560円(別売)

【保証】?

【made in】日本

商品の公式サイトボタン

 

男性の髭脱毛に特化した「メンズレイボーテ」。シェーバーを使用したことがあれば、使いやすい形。1ヶ月使用で髭の本数20~24%減の実力派。

【メンズレイボーテの特徴】

メリット

  • 美肌効果も期待できる
  • 曲線にフィットする形状
  • 敏感肌モード掲載

デメリット

  • 髭のみの使用
  • 照射回数が少ない
メズレイボードを使用している人の口コミ▼
脱毛するのが楽しい

使い方はすごく簡単!形も髭剃りに似ているので、髭剃りを丁寧にしている感覚。髭脱毛をしていると他のムダ毛も脱毛したくなってきたが、メンズレイボーテは髭専用。なんで髭専用を買ってしまったんだ。

(メンズレイボーテ利用者4ヶ月   27歳 男性 アパレル店員)

期待しすぎた。

公式サイトのビフォーアフターを見て期待して購入。4ヶ月使ったが、あそこまではまだならない。簡単で使いやすいから気長に続けるつもりです。

(メンズレイボーテ利用者4ヶ月   27歳 男性 介護士)

二度手間は嫌!使用前に知っておくべき2つのポイント

初めての脱毛器を使用したが、何だかうまくいっている気がしない。間違った方法で脱毛器の使用を続けたままの人も多いです。

使用前に知っておくべきポイントをまとめたので参考にしてください。

実際に自宅で行うときの注意点

・事前に準備すること

1)説明書をしっかりと読む

間違ったやり方で使用すると肌トラブルの危険があります。

2)前日に髭を剃っておく

抜くのはNG。抜いてしまうと、照射に必要な黒の点がなくなってしまい脱毛効果を感じられなくなります。伸びすぎも照射が分散されてしまうので脱毛効果を下げる原因になります。

・脱毛を行うと時の注意点

1)サングラスをかける

サングラスは脱毛器の光から目を保護する役割があるのでかけましょう。脱毛器の光は、メラニン色素(黒色)に反応します。そのため直視してしまった場合は、目の眼球に反応すると危険です。

2)保冷剤で冷やす

光を照射することで熱により肌が乾燥状態です。乾燥肌は肌トラブルを起こしやすくするため冷やすことが必要です。

・アフターケア

1)脱毛後、最後に冷やす

脱毛終了後も肌は光の熱を受けているので、最後も忘れずに冷やしましょう。

2)保湿クリームで保湿する

脱毛後、肌は熱を持つため乾燥状態になります。しっかりと保湿剤を塗って肌トラブルを防止しましょう。

・日常の注意点

1)適正間隔で脱毛する

毛周期の関係により、毎日することは意味が ありません。肌トラブルに繋がるのでやめましょう。家庭用脱毛器の適正周期は2週間と言われています。

2)日焼けに注意する

日焼けをしていることにより、照射の熱が肌にも伝わり痛みが倍増します。

日焼けした肌は、敏感になっているため照射の熱により肌トラブルが起こりやすくなっています。

揃えておくと便利なもの

・大きめの保冷剤

付属でついているものは小さいものが多く、大きい方が便利です。

・卓上鏡

洗面台で、脱毛器を使用するとやりづらいです。鏡自体を動かすことができないので態勢を前のめりにして使用しなければ肌の接地面が見にくいです。

100円均一などで買っておくと便利!

脱毛器の使い方

脱毛器の使い方を代表してケノンの動画を参考にしてください。他の機種も大した違いはありません。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=PyndVWYGiNo

・使い方の手順

1)前日に髭を剃っておく

剃りすぎはダメ。1mm程度を残しておくことでメラニンを狙いやすくする。

2)電源を入れる

照射レベルと照射連射を設定する。最初であれば一番低いレベルから使用することをおすすめする。

3)保冷剤で肌を冷やす

冷やすことで火傷や痛みなどの肌トラブルを防止します。

4)サングラスをかける

光を発するので目を保護するために付属のサングラスをつけます。

5)脱毛部位を照射する

照射した光が漏れないように肌とカートリッジを直角に当てます。

6)保冷剤で肌を冷やす

5秒程度肌を冷やす。

7)   5,6の繰り返し

簡単に髭を薄く見せる方法

根本的な解決にはなりませんが、青髭が目立って欲しくない状況ってあると思います。そんなときに役立つ方法を3つ紹介します。

正しい髭剃りの仕方を知る

どこかで正しい髭剃りの仕方を学んだ人は少ないと思います。普段の髭剃りでは、雑に剃っていることで断面が雑になり濃く見えていますことが多いです。

しっかりと正しい髭剃りのポイントを押さえて深く剃ることにより、断面が綺麗になり薄く見えるでしょう。

髭剃りは「順剃り」「逆剃り」「張り手」がポイント

正しい髭剃りの方法は、貝印の正しいカミソリの剃り方を参考にしてください。

日焼けをして髭を目立たなくする

日焼けをすることで、青髭を薄く見せることが可能です。特に色白の方は効果的です。日焼けは肌を敏感にするので、肌のケアを忘れずにしてください。

日焼けによるデメリット

日焼けをすることで簡単に青髭対策が可能ですが、肌トラブル以外のデメリットも紹介しておきます。

・髭が濃くなる

日焼けした肌は軽度のやけど状態です。人間の肌は傷口などを体毛で守ろうとする働きがあるので、さらに髭が濃くなる逆効果になることも考えられるので覚えておいてください。

髭用コンシーラーで隠す

男性用ファンデーションと思ってもらえばわかりやすいかと思います。女性は、シミやそばかす、ニキビ跡を隠すためにファンデーションをします。

それと同じで、男性用ファンデーションも、青髭やシミ、そばかすを一時的ですが隠す役割があります。使用によりかなり髭の濃い方でも薄く見せることができる便利なアイテムです。

髭用コンシーラーの使いどころ

・証明写真

最近では、「髭=汚い」という風潮が広がっています。履歴書の証明写真を撮影する時にできるだけ髭を薄く見せようとする男性も多いようです。

おすすめのコンシーラーは、美容成分も含まれているNULL BBクリームです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?自宅で髭を脱毛を本気でしたい人は、家庭用脱毛器を使用することをおすすめします。

  • 人に見られたくない
  • サロンやクリニックは高額で支払えない
  • 時間はかかっても良い

これらに該当する人は、迷わず家庭用脱毛器を検討してください。

毎朝の面倒な髭剃りから解放されましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*