除毛クリームの使い方|体験してわかった失敗しない4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

除毛クリームには取り扱い説明書がなく、間違った使い方が原因で上手に除毛できなかったと声を聞きました。

そこで今回は、除毛クリームで失敗しないよう

  • 除毛クリームの正しい使い方5ステップ(画像・動画付き)
  • 【部位別】除毛クリームのコツ
  • 使い勝手がいい!おすすめ除毛クリームTOP3

などをわかりやすく紹介します。
おすすめの除毛クリームを知りたい人はコチラ

剛毛の人でもこれを読んでゴソッリ除毛できるようになりましょ!!

1.除毛クリームの正しい使い方5ステップ (画像・動画付き)

ムダ毛をツルツルにするためのカギは除毛クリームの使い方。

しかし、中には説明書を詳しく読まずに使用して失敗する人も…。

男性用ケア商品のメーカーとして有名なNULLでは、正しく除毛クリームを使えるよう以下のような動画も掲載しています。

正しい使い方で除毛した後の肌がどれだけ綺麗になるのか実践してみました。

もし肌が弱いと思うならパッチテストをおすすめします。

二の腕や太ももなど、皮膚の薄い部分に除毛クリームを塗って拭き取り、24~48時間後の経過を観察するだけです。

どうしても忙しい場合は3~4時間でも大丈夫です。もし刺激を感じたら使用を中止して、水でしっかり洗い流してください。

1-1. 肌を清潔にして、乾燥した状態にする

除毛クリームは乾燥した清潔な肌に使いましょう。

肌が濡れたままだと除毛効果は半減します。

シャワーを浴びた後、水滴を綺麗に拭き取った後の肌が理想的です。

なぜ「濡れている」と
除毛効果が半減するのか?

・汗や汚れのついたムダ毛には除毛クリームがうまく浸透しない

・肌についた水滴によって除毛クリームが垂れる

特に入浴中に除毛クリームを使用する場合は湿気に注意しましょう。

1-2. 除毛クリームを均一に塗り、5~10分待つ(実践編)

今回は口コミでも人気のあるソランシアリムーバークリームGを使って見ました。

除毛クリームを均一に塗り広げます。

塗り広げた後、有効成分が浸透するまで5~10分ほど待ちます。

放置時間は各除毛クリームによって異なるので必ず確認してください。

私は毛量が多かったので、放置時間いっぱいの10分程待ちました。

この間にラップをして待つとより綺麗に除毛できます。

放置している間は毛の切れる音や痛みが全くないので、除毛できているのか分かりません。

ヘラの使用が超オススメ!

凸凹の多い手のひらで均一に塗り広げるのは難しいので、ヘラなどの使用がおすすめです。

ムダ毛の濃い箇所や太い箇所などには少し多めに塗っておくとしっかり除毛できます。

1-3. ペーパーやスポンジで除毛クリームをふき取る

規定の時間が経過したら、ペーパーやスポンジなどでムダ毛をそぎ落とします。

ムダ毛の生えている方向とは逆方向へ滑らせるのがポイントです。
(今回は見やすさのため、逆方向には拭いていません。)

この時の肌はとてもデリケートになっているので優しく拭き取りましょう。

今回はペーパータオルを使用しました。思ったよりもごっそりと取れるので癖になりそうです。

結果は以下の通り、満足いく仕上がりになりました。

除毛クリームをシャワーで落とすのはNG

放置時間が経過した後、ペーパーなどで拭き取らずにいきなりシャワーをかけるのはNG

せっかく浸透した有効成分が流れてしまいます。

「ペーパーなどでクリームを拭き取る」→「シャワーで残ったクリームを流す」が正しい順序です。

シャワーをかけた後に拭き取ってもうまく除毛できないので注意しましょう。

私も実際に試しましたが、無残な結果に終わりました…。二度と手順は飛ばしません。

実際試して見た動画はコチラ (音声に注意。)

1-4. ぬるま湯で除毛クリームを流す

除毛クリームを流す際は30度以下のぬるま湯がおすすめです。

除毛後は肌が敏感になっているため、熱湯を使うと肌トラブルを引き起こすリスクがあります。

クリームが残らないよう、ぬるま湯をたっぷりと使って洗い流しましょう。

アルカリ性のせっけんやボディソープはNG

除毛後にアルカリ性のせっけんやボディソープを使うと、化学反応を起こして肌荒れするリスクがあります。

せっけんやボディソープを使用する際は弱酸性の物などを使用しましょう。

2.【注意!】髭には除毛クリームが使えない

除毛クリームは胸や足、腕などに使用できますが、髭などには使用できません

除毛クリームに含まれる有効成分のチオグリコール酸カルシウムは、ムダ毛だけでなく皮膚のたんぱく質も溶かします。

皮膚の薄い顔に使ってしまうと肌トラブルが起き、目に入ると失明する場合もあるので使用禁止にしている除毛クリームがほとんどです。

特に肌がデリケートな人はカミソリ負けした時よりも酷い状態になります。

実際に顔へ除毛クリームを使用した人がいました。

こうなるとムダ毛を処理するどころではありません。

3.【部位別】除毛クリームの使い方のコツ

腕や足は除毛しやすい部位ですが、背中や脇はどうしても除毛しにくい部分です。

曲線を描いた部分や見えにくい部分を除毛する際は、コツを押さえて綺麗にしていきましょう。

3-1.腕足、胸、脇を除毛するコツ

除毛クリームで最も除毛しやすいのは腕や足、胸、脇です。

塗り広げる厚さや放置時間は各商品によって異なりますが、平均的な数字は以下の通り。

除毛クリームの放置時間と厚さ

・放置時間:5~10分
・厚さ:1~3mm程度

あくまでも平均的な数字なので参考程度にしましょう。

3-2. 背中を除毛するコツ

鏡が無ければ見ることのできない自分の背中。ケアするのは困難です。

そんな時は孫の手のような背中用のヘラを使って拭き取りましょう。

慣れないと除毛しきれなかった箇所が出てくるので、最初は鏡を見ながら除毛することをおすすめします。

3-3. 陰毛を除毛するコツ

Vライン(内股や腹毛など)の除毛ができるクリームもあります。

粘膜には近づけないよう要注意ですが、カミソリ独特のチクチクとした不快感もないので、ムダ毛が再び生えてきても安心です。

IOラインへの使用はNG

IO部位には使用できません。IOも除毛したい場合は脱毛サロンなどを利用しましょう。

おすすめの脱毛サロン:メンズ脱毛【NAX】セットのVIO脱毛

3-4.除毛クリームの効果を引き出す4つのコツ(まとめ)

除毛クリームの効果を最大限に引き出すためには、以下の4つのコツが重要です。

・入浴後など毛穴が開いた状態で使う
・使用前に肌の水分はきっちり拭き取る
・ムダ毛にまんべんなく塗る
・サランラップで使用部位をおおう

なかなかうまくいかないという方や、根元が残らないようツルツルに仕上げたいという方は、以上のポイントを押さえて除毛しましょう。

このコツを守ってもちゃんと除毛できない場合、商品が悪い可能性あります。当サイトがおすすめしている除毛クリームは成分分析や効果検証しているので、安心して除毛できます。

メンズスキンケア編集部おすすめの除毛クリームを探している人はコチラ
【最新版2018】メンズ除毛クリーム|4つの目的別おすすめ16選

4. 除毛クリームに関するQ&A

除毛クリームを使用する際によくある疑問や不安について調査しました。

除毛クリームで永久脱毛できますか?
できません。再び生えてきます。
永久脱毛のためには毛穴の奥にある毛母細胞を破壊する必要があり、これができるのは専用の施術器だけです。
顔のムダ毛処理はどうすれば良いですか?
カミソリやシェーバーを使って自宅で処理するか、サロンやクリニックで処理してもらいましょう。
毛の長さは除毛クリームを使う時に影響ありますか?
あります。カミソリで剃った後など、あまりにも短いと除毛できないので注意しましょう。
毛の根元が見えやすくムダ毛も少し残っている1~3cm程にカットしておくのが理想的です。
ムダ毛が長すぎるとその分使用する除毛クリームの量も多くなるので、金銭的にも少しカットしておく方がおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*