サロンとクリニックの違いは何か?意外と知らない7つの違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サロンとクリニックの違い、明確にわかりますか?
脱毛経験者でも意外と違いを理解できていないことがあるようです。
そこで、これから脱毛をしようと考えている初心者でもわかるように

  • サロンとクリニックの7つの違い
  • サロンとクリニックのメリット・デメリット
  • サロンとクリニックが向いている人

をわかりやすく解説します。

1.初心者でもわかる!サロンとクリニックの7つの違い

以下の7つの項目について、サロンとクリニックそれぞれの違いを調べました。

  • 施術者
  • 使用する機器
  • 効果
  • 痛み
  • 回数や期間
  • 料金
  • トラブルへの対応

それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。

1-1.施術者の違い

サロンとクリニックでは、施術を行える人に明確な違いがあります。

サロン

クリニック

施術者

規定なし

医療従事者に限る

医師や看護師などが施術をするのがクリニックで、とくに資格が無くても施術できるのがサロンです。

施術機器の違いが影響

サロンとクリニックで施術者が違うのは、施術機器の効果の違いが関係しています。
サロンでは皮膚に弱い光を照射するだけなので、ケガをするリスクはかなり低く、医療の知識がない人が扱っても問題ないと見なされています。
一方、クリニックでは皮膚に強い光を照射するためケガをするリスクもその分高く、医療行為として見なされています。

1-1-1.誰でも施術可能なサロン

エステサロンは、主に美容を目的としている施設です。

クリニックとは違って開業や経営のための資格が必要がないため、無資格者でもサロンを開くことができます。

エステティシャンの資格が必要とされる場合もありますが、国家資格ではないため目指そうと思えば誰もがなれる職業です。

とはいえ、大手では徹底した研修が行われているためケガのリスクは低く、安心して施術を受けることができます。

1-1-2.医療従事者しか施術できないクリニック

クリニックは、治療を目的としている医療機関です。

医師法第17条に医師でなければ医業をなしてはならないと決められている通り、医師、看護師などの医療従事者のみが施術をすることができます。

1-2.使用する機器の違い

クリニックとサロンでは、使用する施術機器も異なっています。

サロン
クリニック
使用機器
フラッシュ脱毛 レーザー脱毛

サロンではフラッシュ脱毛が主流ですが、クリニックではレーザー脱毛が主流です。

施術方式や施術機器の種類

施術方式や施術機器にはさまざまなものがあります。

フラッシュ脱毛なら以下のような施術方式が主流です。

  • IPL方式
  • SSC方式
  • SHR方式

レーザー脱毛なら以下のような施術機器が主流です。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ダイオードレーザー
  • YAGレーザー

皮膚や毛の状況によって、適切な施術方式や施術機器は異なっています。

1-2-1.サロンはフラッシュ脱毛が主流

フラッシュ脱毛とは、毛の生成部分へダメージを与えて毛が生えるのを抑制する脱毛方法です。

メカニズムはレーザー脱毛と同じですが、出力が弱いので肌への負担が軽減されているのがメリット。

肌を傷つけるリスクが低いため、誰でも使用することができます。

1-2-2.クリニックはレーザー脱毛が主流

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛との混同を避けるために、別名「医療レーザー」と呼ばれています。

レーザーは毛の黒いメラニンに反応し、毛穴内部の組織に熱を与える脱毛方法です。

この熱が毛の生成部分を破壊し、毛の再生を妨げていきます。

高出力の為クリニックでしか行うことができません。

出力が高い分効果も高いですが、肌への負担が大きいため連続して施術できないのが難点です。

また、フラッシュ、レーザーの他にニードル脱毛という施術方法があります。

毛穴に針を刺して電流を流し組織を破壊する脱毛方法です。

効果は非常に高いですが、毛穴1つ1つに針を刺していくので時間や回数がかかります。

また、激痛を伴うため人によっては耐えられないことも…。

法律がはっきりと定まっていないためクリニックとサロンの両方で行われていますが、サロンでの施術はグレーゾーンになる場合もあります。

もしニードル脱毛を受ける場合はクリニックでの施術が望ましいですね。

大手ではメンズエステのメンズTBCがニードル脱毛を行っています。

しっかりと教育されており実績もあるので、安心して施術を受けられるでしょう。

1-3.効果の違い

サロンとクリニックでは脱毛効果にも違いがあります。

サロン
クリニック
効果
抑毛・減毛 永久脱毛

永久脱毛したいならクリニックを、毛の量を減らしたいならサロンを選ぶ方がおすすめです。

永久脱毛とは

「永久脱毛」は永久に1本も毛が生えてこないと捉えられがちですが、実はそうではありません。

永久脱毛とは、長い間毛量の少ない状態を維持できることを指します。

基本的に生えてきませんが、永久脱毛をしても定期的なケアは必要です。

1-3-1.永久脱毛できないサロン

サロンで行われているフラッシュ脱毛は、毛根へダメージを与えていきます。

しかし、出力が弱いため毛を抑毛・減毛するだけで永久脱毛はできません。

1-3-2.永久脱毛が可能なクリニック

クリニックで行われているレーザー脱毛やニードル脱毛は、毛の生成部分を破壊することができます。

そのため、1度施術した箇所は基本的に生えてくることはありません。

1-4.痛みの違い

施術中にどれだけ痛みを感じるのかも違っています。

サロン
クリニック
痛みの程度
ほとんどなし 痛みがある

サロンの方がリラックスして施術が受けられますね。

肌のコンディションも影響

施術中の痛みは、肌のコンディションも影響しています。

  • 日焼けしている
  • 色素沈着がある
  • 刺青がある
  • 乾燥や肌荒れしている

以上の場合は、痛みが酷くなり施術を断られることもあるので要注意です。

1-4-1.痛みはほとんどないサロン

サロンで扱う施術機器は、出力が弱く照射範囲が広いため1点に刺激が集中することがありません。

そのため、痛みを感じにくいというメリットがあります。

毛が密集している箇所を施術する場合でも、チクっと感じる程度です。

一方、クリニックで扱う脱毛機は出力が強く照射範囲が狭いため、1点に刺激が集中しやすくなります。

そのため、部位によってはかなりの痛みを伴うことも…。

できるだけ痛みを感じたくない場合は、麻酔を使用してもらいましょう。

1-5.回数や期間の違い

脱毛完了までの回数や期間にも違いがあります。

髭を脱毛する場合に必要な平均脱毛回数と期間を見てみましょう。

サロン
クリニック
回数
15回~25回 10回~15回
期間
2年以上 1年~2年

サロンに通う場合は、回数も期間もクリニックの倍以上かかります。

立地にも注意

最短で脱毛を終える場合も、1年以上通うことが必要です。

サロンやクリニックを選ぶ際は立地にも注目しておきましょう。

会社や家から通いやすい場所がおすすめです。

1-6.料金の違い

脱毛料金にも違いがあります。以下は口周りの髭を1回脱毛した場合の料金です。

サロン
クリニック
価格
2,000円~5,000円 20,000円~70,000円

1回あたりの料金だけ見ると、サロンの方が10倍以上近く安いですね。

トータルしてみるとクリニックの方が得

サロンは1回あたり安いですが、トータルで考えると意外と高くなります。

脱毛完了までのことを考えると、サロンよりむしろクリニックの方がお得です。

1-7.トラブルへの対応の違い

トラブルへの対処にも違いがあります。

サロン
クリニック
トラブル時
肌トラブルなどの対応が薄い 医師が担当しているので早急な対応があり安心

万が一トラブルが起こった場合のことを考えるなら、クリニックの方がおすすめですね。

医師のサポートが受けられるサロン

クリニックと提携しているサロンなら、万が一の場合も安心です。

ただ、提携先のクリニックがあるというだけで診察料や薬代は別途かかってしまう場合が多々あります。

やはり万が一のことを考えるなら、クリニックの方がおすすめです。

2.サロンのメリットデメリット

サロンとクリニックの違いをもとに、サロンのメリットとデメリットについてまとめました。

2-1.サロンのメリット

サロンには以下のようなメリットがあります。

  • 肌にやさしい
  • 初回費用が抑えられる
  • 手軽に始められる
  • 痛みが弱い
肌への優しさや価格の安さが魅力

サロンで扱われている光脱毛は出力が弱いため、肌へのダメージを最小限に抑えることができます。

痛みもほとんどなく、少し温かいと感じる程度です。

キャンペーンをよく開催していたり、初期費用が安かったりするのも魅力的ですね。

2-2.サロンのデメリット

サロンのデメリットには以下のようなものがあります。

  • 勧誘されがち
  • 脱毛効果が現れるまでに時間がかかる
  • 肌トラブルの際に対応が薄い
勧誘を避けたい場合は?

できるだけサロンの勧誘を避けたい場合は、勧誘しないということを明記しているサロンを選びましょう。

例えば「強引な勧誘はありません。」「無理な勧誘一切なし。」などの記載があると安心です。

Twitterなどで店舗の口コミも調べておくと、より安心ですね。

3.クリニックのメリットデメリット

サロンとクリニックの違いをもとに、クリニックのメリットとデメリットについてまとめました。

3-1.クリニックのメリット

クリニックのメリットには以下のようなものがあります。

  • 脱毛効果が早い
  • 医師が対応してくれるので安全
薬代や診療費が無料になることも

万が一肌トラブルを起こしてしまった場合、サロンだと別途薬代や診療代がかかる場合が多いです。

しかし、クリニックならそういったアフターケアの代金を無料にしているところも数多くあります。

適切な処置を無料で迅速に受けられるのは、クリニックならではのメリットですね。

3-2.クリニックのデメリット

クリニックのデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 初期費用が高い(トータルでかかる費用はサロンと大差ない)
  • 痛みがある
痛みの不安な人は麻酔を

レーザー脱毛で受ける痛みに不安のある人は、麻酔をしてもらいましょう。

麻酔には笑気麻酔や麻酔クリーム、麻酔テープなどがあります。

価格や使用後の注意点などはそれぞれ異なるので、事前に確認しておきましょう。

4.サロンがおすすめな人

以下の項目に当てはまる人には、サロンがおすすめです。

  • 痛みに弱い人
  • 1回の金額を極力抑えたい人
  • 脱毛効果を感じるまでに時間がかかっても良い人
  • 一時的に毛量を減らしたい人
  • 抑毛目的の人

5.クリニックがおすすめな人

以下の項目に当てはまる人には、クリニックがおすすめです。

  • 脱毛効果を早く実感したい人
  • 永久脱毛したい人

6.まとめ

サロンとクリニックには、施術者や施術機器、効果などさまざまな違いがありました。

以下の表にまとめたので、参考にしてみてください。

比較項目
サロン
クリニック
施術者の違い
誰でも施術可能 医療従事者しか施術できない
使用する機器の違い
フラッシュ脱毛が主流 レーザー脱毛が主流
効果の違い
抑毛・減毛効果

永久脱毛はできない

永久脱毛が可能
痛みの違い
ほとんどない 部位によって強い痛みがある
回数や期間の違い
2年以上 1年~2年
料金の違い
初回が安い

トータルすると高い

トータルすると安い
トラブルへの対応の違い
肌トラブルなどの対応が薄い 医師が担当しているので早急な対応があり安心

 

サロンもクリニックもそれぞれメリットとデメリットを持っています。

理想的な仕上がりになるよう、自分にぴったりの脱毛方法を選びましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*